SponsoredLink

無利息でのキャッシングが成り立つ理由

無利息キャッシング、色んなところがやってますね。中でもすごいと思うのが、シンキの一週間無利息で借りれるノーローン。それも、何度でも無利息でキャッシング可能なんです。そんなんで会社は儲かるのか?と疑問に思ってしまいますよね。


でも、ちゃんと無利息キャッシングできる理由があるんですね。その秘密は、年利設定と顧客の心理にあるそうです。シンキのノーローンは一週間は無利息ですけど、実質金利は22.5〜28.835%とかなり高め。つまり、一週間の無利息期間に返済できなかったら、それだけの金利がかかってくるのです。


たまたま一週間で返済できなかったり、返しそびれたりしてしまう顧客も、絶対にいるはずです。ちょっと返済が遅れるくらいなら、多少の金利を払うだけで済むんだし…と思う顧客の心理。それによって、無利息キャッシングは成り立っているのです。


要はレンタルビデオ店に似てますね。レンタルビデオ店もレンタル料で実質の儲けがあるわけではなく、延滞料金にこそ利益があるそうです。「ちょっと位なら延滞料金払ってもいいか」と思うお客の心理。一人一人のお客が支払う延滞料金はちょっとでも、まとまればかなりの額になりますよね。


上手に使う分にはとっても便利な無利息キャッシング。でも、レンタルビデオと同じく、自分に甘〜い人は下手しないようにご注意を。それこそ、シンキの狙い通りってことになりますよ!(笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5536153
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック